アプリの種類について

今や学生からご年配の方まで幅広くスマートフォンを利用しており、スマホアプリの開発を行う企業も増えてきています。
スマホやタブレット向けに提供されているアプリにはどのような種類があるのか、こちらでは、それぞれの特徴についてご紹介いたします。

ネイティブアプリ

iPhoneやandroidなど、AppleやGoogleが提供しているスマートフォン、そしてタブレット端末iPadのローカル記憶装置に保存されるアプリのことを、ネイティブアプリといいます。androidであれば、開発言語に「Java」を用いてアプリ開発を行い、iPhoneであれば「Objective-C」を用います。開発言語が異なるためその分開発コストも高くなりがちですが、カメラ機能や位置情報、プッシュ通知、バックグラウンド処理など、デバイスの機能を最大限に活用できるのが特徴です。高機能アプリやゲームアプリに向いています。

ウェブアプリ

ウェブアプリとは、ストアからダウンロードするのではなく、ブラウザにアクセスして使用するアプリのことです。
ブラウザとインターネットの環境さえあれば、PCからでもスマートフォンからでも楽しむことができます。画面遷移が少なくスムーズな操作が行えるのが特徴で、シンプルな天気表示や乗り換え案内といったアプリをはじめ、Gmailなどの大規模なアプリなど、娯楽だけでなく業務にも活用できるものが多いです。ただストアに載らないため、プロモーションの方法はよく検討する必要があります。

ハイブリッドアプリ

ハイブリッドアプリとは、ウェブアプリにネイティブアプリの機能が備わった、いわゆる双方の良いところを取り入れて開発されたアプリのことです。もちろんアプリストアにも載りますし、ページ数の多さ、更新性の高さなどの特徴を持っています。OS機能を使用したい場合にも役立ちます。

大阪にありますアプリ開発会社ヴリッジでは、HTML5の技術を活かし、iOS・android向けにハイブリッドアプリの開発を行っています。さらにデザイン業務のノウハウにより、お客様のニーズに合った使いやすいユーザーインターフェイスのアプリを開発いたします。大阪府はもちろん、大阪府以外の方からのご依頼も承っておりますので、料金の見積相談などお気軽にお問い合わせください。