スマホアプリ開発の
メリット

ウェブサイトのスマホ対応を考えた際、ウェブサイトをスマホ最適化するべきか、それともスマホアプリ開発を行うべきか、迷った方もいらっしゃるのではないでしょうか。使用しているCMSがスマホ対応になっていて、自動的に最適化されているケースもありますが、そもそもパソコンとスマートフォンではユーザーの動向に違いがあるため、それを踏まえた上での戦略が欠かせません。

利用頻度が高い

スマートフォンは豊富なアプリをすぐに使用できるのが特徴で、「スマホ利用=アプリ利用」というユーザーもいらっしゃるでしょう。スマートフォンでは、ウェブサイトを開くよりもアプリを使用する頻度の方が多いともいわれています。そのため、ウェブサイトのスマホ対応とあわせてアプリ開発を行うことも、ユーザーの利用実態に合わせた情報提供だといえます。

プッシュ通知がある

アプリを開発するメリットの一つに、プッシュ通知があります。アプリのプッシュ通知を活用すると、スマートフォン上にメッセージを表示したり、アイコン上にバッジを表示したりできます。この機能によってユーザーの興味をひき、新しい情報を伝えるチャンスを広げることも可能です。

スピーディー

ホーム画面のアイコンをタップするだけで希望のサイトに飛ぶ利便性の高さも、アプリならではの特徴です。
わざわざ検索をかける必要がなくスピーディーなのも、ウェブサイトよりもアプリがユーザーに選ばれる理由でもあります。

サイトへの再訪に繋がりやすい

ユーザーの認知度を高めて何度も再訪してもらうためには、記憶に残るための工夫が欠かせません。
その点、アプリは一度インストールしてもらえれば、ホーム画面のアイコンを毎日無意識に見ることになります。
ユーザーに気づいてもらうチャンスが増えるため、再訪に繋がりやすいといえるでしょう。

様々なメリットのあるスマホアプリ開発をお考えでしたら、大阪でスマホアプリ開発やウェブサイト制作を行っております、ヴリッジへお任せください。大阪スマホアプリ開発会社「ヴリッジ」では、HTML5の技術を駆使し、Androidアプリ開発やiPhoneアプリ開発を行っております。料金見積りのご相談もお気軽にお問い合わせください。