ホームページ制作時の
落とし穴

会社を立ち上げて、ホームページ制作もばっちりなのに、なぜかアクセス数が伸びない…そのようなお悩みはありませんか?原因が分からない、何か効果的な対策を依頼したいとお考えでしたら、大阪にありますホームページ制作会社「ヴリッジ」へご相談ください。

こちらでは、ホームページの制作時の落とし穴についてご紹介しています。なかなかアクセス数が伸びないとお悩みでしたら、ぜひ既存のホームページに照らし合わせてみてください。

ホームページ制作時のよくある失敗

とくにECサイトを経営されている方は、売り上げやアクセス数が伸び悩むと、商品に問題があるように思うこともあるかもしれません。しかし、サイトの制作時に失敗してしまっている可能性があります。

・すべて制作会社へお任せ

ホームページを何のために制作するのか、その目的やターゲットははっきりしていますか?ホームページ制作は、会社目線ではなくターゲットとなるユーザー目線で行う必要があります。すべて制作会社へお任せではなく、ホームページ制作を行う目的や想いをお伝えください。

・目的のページへ辿り着けない

知りたい情報や欲しい商品、サービスなどを検索するためにホームページを訪れても、目的のページに辿り着けなくては、ユーザーはすぐに離れていってしまいます。ユーザーの離脱を防ぐためには、希望するページに3クリック以内で辿り着けることが理想とされています。そのため、どのページへ行けば知りたい情報や欲しい商品に辿り着けるのか、ナビゲーションによって明確にさせる必要があるのです。 また、ユーザーがサイトを訪れた時には常にサイトのトップページに来るわけではありませんので、ナビゲーションは各ページに配置しておくことがポイントです。

・ページが重い

重たい画像やテキストを多用し過ぎたり、伝えたいことを1ページに詰め込みすぎたりしていませんか?情報量が多すぎると、ページが重くなって表示に時間がかかり、ユーザーが飽きてすぐに閉じてしまうことも考えられます。それではホームページの意味がありません。シンプルで分かりやすいデザイン構成を行い、訪れてくれたユーザーの離脱を防ぎましょう。

大阪ホームページ制作やリニューアルをお考えでしたら、ヴリッジへお任せください。ヴリッジでは、ユーザーへ伝わりやすいサイトデザインを行い、その後の技術的なサポートも行っております。料金の見積相談など、お気軽にお問い合わせください。