業務システム導入について

市販ソフトや自社制作ソフトでは、業務に対応できないことがあります。そんな時はシステム開発会社に依頼して、会社にあった業務システムを構築してもらうことも可能です。会社にあった業務システムを導入することで、様々なメリットを得ることができます。

業務の効率化

会社にあった業務システムを導入することで、業務の効率化が図れます。例えば営業会社の場合、外回りの営業担当がiPhoneやandroidなどのスマートフォンを用いて販売実績や売り上げデータを入力できる仕組みがあれば、すぐに会社の経理担当が請求書や必要書類を準備できます。また入力方法や使用ソフトを統一し、マニュアルを作成して手順を示す業務の標準化もあります。誰でも簡単に業務を行えるので、業務の引き継ぎにかかる時間を削減することが可能です。

さらにスキャンや自動読み取りなどの機能を活用すれば、手入力での業務が自動化されます。このようにシステムの導入で作業時間の短縮に繋がり、余った時間で会議や見直し作業などを行うことが可能になります。

データの有効利用

紙を使った手作業ではデータを見直して分析するのに、とても時間がかかります。しかし業務システムを導入することで記録や保管が容易になり、会社が成長するのに欠かせない分析作業も簡単に行えます。売上や受注などのキャッシュフロー、顧客情報の活用、売上の推移、過去のデータとの比較、在庫データから発注を予測するなど、様々な分析が行えるようになるのです。お金、お客様、商品の流れを知ることで、今後どうすれば良いかの判断材料になります。

現場の声を活かすことも大切

現場で作業を行っている方の意見や要望が、革新的な業務システムを生み出すことにも繋がります。そのためシステム開発を依頼する前に現場の声に耳を傾け、あらかじめ問題点や要望などをリストアップしましょう。

ヴリッジは、大阪にあるシステム開発会社です。様々なアイデアをデジタルシステムに反映させ、現場の声に基づき効率化の向上やデータの有効利用を幅広くサポートいたします。サーバーレンタルやネットワーク構築も行っていますので、クラウドによるシステム構築も可能です。ぜひご活用ください。