目的で決めるWEBサイト制作

インターネット上に多くのWEBサイトが存在する現代において、印象に残るWEBサイトを作るためには、ターゲットや制作する目的を明確にすることが大切になります。こちらでは、目的に応じてどのようなWEBサイトを作ったほうが良いのかを紹介いたします。

商品やサービスの販売に力を入れたい

オリジナルの自社商品や海外輸入品など、サービスや商品の認知度を向上させたい場合は、プロモーションサイトが効果的です。写真やイラストを多用し、簡潔で分かりやすい内容のWEBサイトが求められます。 また、広告をクリックした際などに表示される、直接商品やサービスの販売に結び付けるためのページをランディングページといいます。ランディングページで顧客を獲得するためには、キャッチコピーや体験談などをうまく活用する必要があります。商品の価値を高めるブランド化を目指すなら、ブランディングサイトが最適です。写真とキャッチコピーに力を入れる必要があり、雑誌を見ているような高品質のWEBサイト制作が求められます。

会社の認知度・イメージ向上

会社の認知度・イメージ向上をWEBサイトで行うなら、まず会社の企業理念や代表挨拶などを掲載するコーポレートサイトが基本になります。会社の経営方針や、提供している商品やサービスを簡潔にまとめると、利用者の安心感や信頼感向上に繋がります。エステや飲食店などを経営していて、来客数を増やしたいと考えるなら店舗サイトを制作します。店舗の雰囲気がすぐに分かる大きな写真を掲載して、予約検索機能や電話番号、地図や最寄り駅などを分かりやすく掲載することで、利用しようか検討しているお客様に安心感を与えることができます。

大阪にあるヴリッジは、WEBサイト制作会社です。お客様の目的やご要望に応じたWEBサイト制作や、ご提案をいたします。またWEBサイトのリニューアルや、スマートフォン専用サイトの制作も承っています。ご依頼やお見積もり、デザインや制作料金に関するお問い合わせは、お気軽にご相談ください。